あろうことかこの年齢になってニキビに苦しめられるとは夢にも思いませんでした・・・。
今年に入ってから前よりももっと仕事が落ち着かない感じでしたけど、肌が弱っている実感がなかったんです。
あるいは、私って多感な時期から、鋼の肌だったのかニキビで学校に行きたくないなんてことはまったくなかったんです。
前髪が長くて下ろしているとニキビが悪化するかも!と焦っていた、ニキビを心配する周りの子たちの言葉にいつも、よそごとで聞いているフリをしていた思い出が・・・。
それが最近になって、鼻の左横に大きなニキビお出まし。
アラサー的にはニキビって言ったら表現は認められないかな?と言いつつもニキビと言っちゃいますけど。

これまでの生活でニキビに悩む事がなかったですから、初対面という感じなので、どう対処したらいいかが分からないわけです。
アクネ系の化粧品は持っていないし、つぶし方も知らない。
触れてはダメと思いつつも、これがどうしたものか気になって仕方がない。
当然ながら、最低週5でお化粧しますから、洗顔後の基礎化粧をしたとしてもファンデーションとか肌に対してマイナスと感じているけど、お化粧しないわけにいかず、いま振り返ると肌をいじめてたのかも。
と言いつつも毎日メイクするのはやむを得ないですから!結局、スキンケアに詳しそうな友だちに聞きまくった結果、清潔にし続けることとと、基礎化粧を重点的にすること。

ただこれがなかなか長いものでした。
ざっと治ったかも?って思えたのは、ニキビが出来てから3ヶ月弱。
お風呂後寝る前アクネ系クリームを塗りました。
他にも来客がないときには、仕事中でもお薬塗ってたのに。

女友達から、「怖いのはニキビ跡が残ることだからね!」なんて耳にタコができるほど聞かされてたので、ひたすら祈るはニキビ跡が残らないでほしいこと!祈りもむなしく結局ニキビができてからおおよそ5ヶ月、本当にニキビ跡になってしまったのです。
今日もニキビができたところが、抜きん出て茶色になってしまってるんです。
「かなり日数かかるから、徐々に消えるかもね」と言うもしかしたらの期待を聞いて、それからもしばらくひたすらローションは使っていたのにも関わらず、5ヶ月ですし。
わずかな希望を「この物体はニキビが消えていく途中」なんかではなく、文句なしのニキビ跡ということを自信を持って言えます。
この存在感溢れるニキビ跡と一生常に一緒・・・・、と思うと、ニキビ前の肌への対応を嘆くばかりです。
全然ダメだった自分が本当に情けない(泣)
皮膚科の病院に行くとか、いまはそんなことばかり考えていますが、なるべくコストを抑えて昔みたいな肌に戻れないかと常に毎日考えてます。

ニキビに悩む方、ニキビに悩むことが無かった方、いつ何時ニキビが出現するか分からないです。
なめてはいけないニキビ。こんなサイトもありますので、ニキビかも!?と思ったら見てみてください。