大統領の料理人

2012年公開のフランス映画。美味しそうなものを見れるんだと思って手に取った系です。

ある日突然、フランス大統領の専属料理人として官邸(エリゼ宮殿)に呼ばれたオルタンス・ラボリ。
かつて官邸の厨房には女料理人が立つことはなかったが、ミッテラン大統領の希望で抜擢されたオルタンスが男たちに嫉妬されまくる。
それでもオルタンスは大統領が好んでくれる自分の田舎料理を作り続けていくが、大統領の健康管理や、料理に経費を使いすぎだとかでオルタンスの料理が難しくなり大統領の専属料理人を辞めることに。
そしてオルタンスは南極のフランス観測基地で料理人となった。

総合的にとってもおもしろかったです。
彼女がじぶんの信じる大統領が好む料理を気持ちのよさそうにつくるシーン、贅沢な食材を使いこなすプロフェッショナル感、男たちのイジワル、大統領のメッセージ、プライベートシェフチームのチームワーク。
彼女がどんどん周りを引き込んでいってしまう手腕に憧れすら抱く。

料理は芸術と考える彼女のことばはなかなか響いた。

料理を愛するひとは、オルタンスと同じようにぶつぶつ独り言を言いながら料理するのだろうか?
ま、そんなことはどうでもよくて、ぜひオルタンスの田舎料理が食べてみたい。
フランス料理って好きじゃないものいっぱいあるけど、田舎料理とはキタコレだ。

daitoryonoryorinin2

彼女の自分流のやり方が評価され、つまり正しかったということ。
マイペースに生きようとしているが、気楽に生きているわけではない。

じぶんの好きなことを評価されるところまで突き詰めた芸術家は、どこへ行っても愛される。

こちらも面白いかもヨ/// 関連映画