進撃の巨人 ATTACK ON TITAN

2015年公開。超ヒットしている漫画を実写映画化した劇場版の前編。

約100年前謎の巨人に支配され、三重の壁で人間たちだけの地を築き平穏な日々を暮していたが、ある日その悪夢がよみがえった。
壁と並ぶ大きさの巨人が現れ、強固な壁を破壊。次々と巨人が壁内に侵入し、巨人は人間を食い殺していった。

漫画の世界をオリジナルを引き継ぐところとそうでないところ、原作と映画なんてそんな関係性だ。それは進撃の巨人だけではなく、他もそう。リメイクだってリブートだってそう。

だから今回、進撃の巨人もこれくらいオリジナルをふっ飛ばすことは想定内だし、それに文句を言うのはなんとなくお門違いと感じる。

脚本家が、「劇場版はこーゆーのにするの!」と決めたのだからそれまで。

と、世の中の酷評を少しだけフォローしたつもりだけど、震えるほど面白くなかった。

漫画を少しだけ読んだ身だけど、漫画を読んでおく必要はなく、だれが見ても世界観は理解できる風にしてあることから、この映画を見て新しい進撃の巨人の世界を体感してくれ的なものだと予想できる。

だけど、進撃の巨人を知らないみんなに対しておもしろいと思ってもらおうと作っていないと感じる。というより、万人がおもしろいと思う映画を作らなかった感がある。

なぜこんな脚本にしたのか、万人ウケを考えて作ることを無視し、なんだか問いかける、人間の生き方について問いかけるような、つまり子どもには特に理解できないような、むしろコアな人間を対象に作ったとしか思えない。

あたしの場合、そのいわゆるハリウッドのドンちゃん騒ぎのスカッとする映画が大好きだから、ベテラン映画鑑賞者でないと理解ができないようなこの進撃の巨人は決しておもしろいと思えるものではなかったってことです。

ただひとつ、あたし的に絶賛したいところがあります。序盤、壁を越える大きい巨人が壁上に顔を出したあのシーン。

これは本当にこわかった。この映画の世界が、恐ろしい的巨人によって支配されていて、人たちはその巨人に脅え狂っていることがよくわかるシーン。絶望的という世界。あれは衝撃だったなー。制作側が望んでいるかは不明だけど、あのシーンはハリウッドと並んでたもんね。あれから数分、巨人がひとを喰らうシーンはひどく怖くて、R指定するべきだと心底思った。

劇場には小さい子も親に連れられてきていたけど、どう考えても予告であの巨人を見る限り、小さな子どもを連れていこうなんて思うわけがない。人間を食べてポキポキ鳴るシーンなんて小さな子どもに見せられるわけがない。なんてバカな親だと冷たい目で見ておいた。
ということで、ミーハーに劇場までいってきましたが、劇場でしか味わえない迫力の巨人のシーンは以後二度と見たくはないけどそれほど恐怖を味わえた日本の製作陣渾身のシーンは見てよかったと思っていますが、それ以外は真っすぐ素直にエンタメにしなかったことが意味がわからないストーリーを生んでしまったということで。

画像出典:http://www.shingeki-seyo.com

こちらも面白いかもヨ/// 関連映画