MONSTERZ モンスターズ

2014年公開、藤原竜也と山田孝之共演、2010年公開の韓国映画「超能力者」のリメイクだそう。

どんな人間でも操れる男が、あるとき操ることができない男と出会う。
“普通ではない人間”と”普通ではない人間”の闘い。

素人が失礼を承知で申し上げると、今年イチつまらない話だった。
まして邦画に文句つけるなんて、好きではなくても言わないようにしてるのに。

おそらく、これら疑問があることでおもしろかったかもしれない話が最低につまらないものになったという結論に至った。
もちろん、多くの問題は”操れる男”にあるとふんだ。

・操れる男がどれだけバケモノ扱いされたかがほとんど伝わってこない

・おれも普通の人間だ、のために努力したエピソードがない

・操れる男が操られない男のまえに簡単にあらわれる辺りが気安すぎる

・操れる男が操られない男を殺そうとする動機が意味不明

・操られない男がなぜ操られないかテキトーすぎて不安

・女性特別捜査官が大根役者なうえに、なんのキーポイントにもならない不要キャスト

・石原さとみ最高にキャワイイが、泣く姿は女性特別捜査官に次ぐ大根役者

・操られない男とかなえちゃんの恋愛描写がない

なんとなく、こんなことを思いながらみてました。

そんなつまらなかった映画のなかにも、もちろんたのしい部分はありまして。
山田孝之という男はどこからみてもいい男で、スパシーンの上半身中モリ姿はキュンとしました。

カメレオンのような男で、彼はどんな映画に出ても山田孝之なんだけど山田孝之じゃないような、じぶん自身何言ってるかわかりませんがほんとに役になりきる男だという印象を受けます。

かなえさんのこと、おれ一生守ります

山田孝之に言われたらもうそんnおぁっかんふぁじゃけfなんgs!

こちらも面白いかもヨ/// 関連映画