Mr.スキャンダル

2013年公開(日本未公開)。WOWOWではミスター・スキャンダルと表記。
戦後のイギリスでストリップクラブやポルノ雑誌を発行して一躍大成功をおさめ、ソーホーの帝王となったポール・レイモンドの話。

昔は一夫多妻制とほぼ変わらないような環境だったのだな、と。
女はさぞつらい思いをしたのだろう。

でも当時は、旦那が他の女と過ごし帰宅してくるのを待つということは、そこまで珍しいことではなかったようで。
そもそも戦後のイギリス。詳しくは知らないが、どの国だって女性の価値が蟻んこ並だったことに間違いはないはず。
女なら即脱げ、そんな言葉が飛び交うようなそんな時代(?)。

そこをビジネスとして繁栄させたのがポール・レイモンドというわけだ。

妻子を置いて、若く新しい女にうつつをぬかし、うつつを抜かすだけではおさまらず結果妻子を捨てていく。

いわゆるゲス野郎にも、愛というものがあったことは間違いない。
妻子を差し置いて惚れたアンバー(フィオナ)と随分してから再会した娘デビー。
浮気の延長で惚れたアンバーですら、なんとなく本気なんだろうなと見てた。

娘に対する愛情はまた違うものだけど、彼が時折見せる父親らしい人間的姿がすこしだけ印象に残る。

いずれにしても共感する場所があまりにも難しいため、なんと申し上げたらいいのか的な。
ポルノ業界が儲かるという事実は知ることができたと思うけど、あたしの将来のための愛にはなんら響くことがなさそうで残念。

そして、男にとって女は使い捨てという事実・・・
みんながみんなでないにしても、こういう例を持った男性がいるという事実・・・

エンドロールの「The Look of Love」は別格。

こちらも面白いかもヨ/// 関連映画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です